ケアマネ試験分野別学習のポイント「介護支援分野編②」

4.要介護認定

主に介護保険法の要介護認定や要支援認定に該当する項目が含まれる。傾向として、ほぼ毎年複数問(2~4問)出題されている重要な項目である。要介護認定に至る一連の流れや認定の更新に関する項目、要介護状態区分の変更に関する項目など、内容量は比較的多いが十分に理解しましょう。近年では「認定審査」に関して出題されている。

ヘルパーを利用する

学習のポイント

〇認定審査の一連の流れをつかむ
認定審査の一連の流れについては、過去の問題をみると、それほど多く出題されているとはいえないものの、要介護認定・要支援認定において基本かつ重要な項目なので、十分理解しましょう。

〇認定に関する項目を分けながら学ぶ
前述した認定審査を学習するのにあわせて、認定の更新や要介護状態区分の変更などの項目を学習しなければならない。ここは全体として内容量が多いが、項目別に分けることによって、1項目にかける学習時間を少なくおさえられることができ、かつ効果的に覚えられる。

テキストを見るケアマネジャー受験者

このように、学習を行う際に、内容量が多いものはその量に圧倒されてしまうが、項目別に分けて少しずつ学習することで計画的に行える。また、最初に項目を分ける際に、内容量の多い項目の全体像を把握できるため、その後の学習が効率的に行える。

なお、この項目は、この分野の中でも中心的な部分であり、出題問題数も毎年多いことから、十分に時間をかけて学習するとともに、法改正点についても必ず確認しておく必要がある。

5.介護保険運営に関する規定

主に介護保険法の事業者・施設や、介護保険事業計画など、内容量は膨大である。傾向として、ほぼ毎年複数問(4問程度)出題されている。近年では「地域支援事業」や「共生型サービス」などが問われている。

学習のポイント

〇試験頻出箇所から学習しよう
この項目を学習するにあたり、内容量が膨大であることから、順を追って学習したのでは、時間がかかり過ぎてしまう。

つまり、他の分野や項目への学習になかなかたどり着けず、試験合格を考えた場合には、非効率的なものとなる。そのため、まずは過去問題などから、頻出箇所を把握したうえで、学習時間の配分を決定する。

ケアマネ試験過去問

また、内容によっては、他の項目などと関連して学習できる内容もあるので、できる限り学習時間をかけないで、理解を深めるという効率的な学習方法が求められる。

その学習方法としては、頻出項目を優先した上で、項目別に、法の条文などを簡易的に表や図などでまとめる方法をとることが有効です。

〇新しく創設・改正されたものに注目
他の分野や項目でも同様のことがいえるが、新しく創設・改正されたものは、その年、もしくは次の年の試験で出題される傾向にある。例えば、法改正によって介護保険事業計画の見直し関する事項について出題される可能性が高い。そのため、インターネットや新聞などを活用して、日頃から最新情報をチェックして情報を収集しておく必要があります。

ケアマネ試験分野別学習のポイント「介護支援分野編①」

ケアマネジャーを目指す方の支援サイト「介護支援分野」

介護支援分野は、介護保険制度を中心とする内容で構成されており、試験では25問題出題されます。以下の様に7つに区分できます。
試験勉強中の介護福祉士

介護支援分野の構造

1.介護保険制度の変遷と動向

  • 社会保障制度
  • 介護保険制度の改正
  • 介護保険の実施状況

2.保険者と被保険者

  • 保険者の責務
  • 被保険者の種類・内容など

3.保険給付

  • 保険の給付手続き
  • 保険給付の種類・内容など

4.要介護認定

  • 要介護認定の有効期間

5.介護保険運営に関する規定

  • 事業者及び施設
  • 介護保険事業計画
  • 地域支援事業
  • 審査請求など

6.ケアマネジメント

  • 基本姿勢、役割、機能など

7.介護支援サービス

  • 居宅介護支援
  • 介護予防支援など

この分野では、介護保険制度に係る項目が中心となっていて、介護保険法について十分に理解を深めておく必要があり、特に、上記の2~4の被保険者や保険給付、要介護認定(要支援認定を含む)と、7の介護支援サービスは、毎年出題されているので、この中でも最も重要です。




また、実際の試験では、この分野の応用として、実際の場面を想定したケアマネジャーの対応方法について問われる事例形式の問題が、近年1~2問出題されている。練習問題等で経験を積むことが大事である。

1.介護保険制度の変遷と動向

介護支援専門員基本テキスト

この項目には、社会保障制度、介護保険制度創設以前の制度の問題点、介護保険制度の改正、介護保険の実施状況が含まれる。この項目を学習する際には、ポイントをつかんで学習する部分と思いきって捨てる部分のメリハリをはっきりさせることが、効率的な学習につながる。

学習のポイント

過去問題の出題内容だけに絞る!
社会保障制度や介護保険制度創設以前の制度の問題点は、それほど頻繁に出題されているわけではなく、仮に出題された場合であっても、1問程度であることから、時間をかけて学習することは望ましくない。

この2項目は、これまでの出題内容をみると、比較的偏っている。そのため、テキストを活用せず、過去問題で出題された内容だけを学習しておけば、試験対策としては十分である。

〇制度改正の動向は時系列で覚える!
介護保険制度の改正に関する問題は、基本的に改正のあった内容の項目に盛り込まれることが多いが、単独で出題される場合もあるので、注意が必要である。

単独で出題される場合には、「地域支援事業の創設=2005年の改正」のように、その改正がいつ実施されたかを確認する問題が含まれる可能性が高い。そのため、2005年、2011年、2014年、2017年、2020年の改正のポイントを時系列に沿って覚えることが望ましい。

〇統計問題は捨てても問題ない!
介護保険の実施状況などの統計問題は、毎年出題されるわけではなく、仮に出題されても1問である。また、出題される統計調査もさまざまである。そのため、統計に関する内容は捨てて、他の頻出項目に学習時間をかけたほうがよい。

2.保険者と被保険者

介護保険利用者とケアマネ

主に介護保険法の総則及び被保険者に該当する項目が含まれる。傾向として「被保険者」に関する問題や、特に近年では、資格喪失の時期や住所地特例に関する問題が出題されている。また、2020(令和2年)年の法改正で変更された点をピックアップして、どのように変更されたかを理解しておく。

学習のポイント

〇総則は暗記しよう
介護保険法の総則の部分は、内容として、法の目的、保険者、国の責務などがあり、介護保険法の基礎であるとともに、内容量もさほど多くないので、丸々暗記しておこう。

また、定義の記載されている条文そのものは、試験では、ほとんど出題されていないが、介護保険制度の用語集として活用できるため、きちんとまとめておき、十分に理解することが重要である。

〇被保険者は簡易表・図でまとめる
毎年出題されている重要な項目のため、十分に理解できるまで、時間をかけて学習しておく。

ただし、被保険者に関する項目も、総則と同様に内容量としてはさほど多くはない。ただ条文を読んだだけでは、「~に遡って」などの難解な表現があるため、その点に注意して学習する必要がある。

また、資格取得の時期、資格喪失の時期、被保険者資格の適用除外となる施設・医療機関などを項目別にし、簡易的に箇条書き、表、図でまとめることによって、理解が深まる。

なお、住所地特例の仕組みついては、住所地特例の対象施設を暗記した上で、簡易図を用いた参考書などを活用することによって理解を深めることを勧めます。

3.保険給付

主に介護保険法の保険給付に該当する項目が含まれる。傾向として、毎年のように出題されている重要な項目である。そのため、介護給付や予防給付の種類やその内容(法改正点を含む)などを確実に理解しておく。近年では、「介護給付」や「予防給付」「保険給付の制限」に関する問題が出題されている。

学習のポイント

〇保険給付の種類をおさえる
保険給付には、介護給付として居宅介護サービス費や特例居宅介護サービス費、居宅介護福祉用具購入費などがあり、予防給付として介護予防サービス費や地域密着型介護予防サービス費、特定入所者介護予防サービス費などがある。合わせると20種類を上回る。これを丸暗記することは困難である。

そこで、介護給付、予防給付、市町村特例給付などの項目に分けてそれぞれの種類を表などにまとめ、「居宅介護サービス費」は、「居宅サービスを利用した場合に支給される」などのように簡易的に特徴をつかむことが大切である。

〇保険給付に関する事項は項目別にまとめる
この項目では、保険給付の種類だけでなく、保険給付の制限保険料滞納者に係る支払方法の変更などの規定があるため、これらを項目別にまとめておくとよい。

〇学習時間の配分を考えよう
ほぼ毎年出題されている重要な項目であり、内容も給付の種類が多いので、十分に理解できまるで、学習することが大切である。ただし、過去の傾向では、概ね1~2問の出題であり、膨大な時間をかけることは好ましくない。そのため、学習する際には、しっかり時間配分を考えて進めていく。

ケアマネ試験合格!必須五か条 その五

いよいよ2022年度(第25回)のケアマネ試験日程も公表されました。試験日に向けて計画に試験勉強を行ないましょう。

2022年度(第25回)ケアマネ試験日:2022年10月9日(日) 全国一斉に行われます。

最初に受験申込を行う必要がありますね。試験は都道府県毎に実施されますので、各都道府県の試験窓口を調べて申し込みましょう。

ケアマネ試験合格!必須五か条 その五では、試験に向けた試験勉強期間中や試験当日に、風邪や発熱などにより、試験勉強や試験が受けられなくなることがあります。特にコロナ禍の中では、試験実施者も感染対策は当然神経質になっていますので、注意が必要です。

一番残念なのは、試験当日に高熱で試験を受けられないというのは、何とも損な話です。合格までの日々の健康観について紹介します。

ケアマネ試験勉強

ケアマネ試験に向けた日々の健康管理

日々の試験勉強や試験当日に必要なのは、集中力です。そして、自身の集中力を高く保つためには、万全の健康状態であることが必要になります。

発熱やむし歯、シフト勤務による徹夜明けなどの疲労は、集中力の低下につながり、試験勉強の効率低下やケアレスミスの増加を生む結果になりかねなません。そのため、手洗いやうがいなどの基本的な健康管理を行うだけでなく、気になる箇所があれば早期に受診し、治療を行うことが健康管理として大切です。

特に歯痛は、集中力の低下につながるだけでなく、体力の低下にもつながり、学習や試験に悪影響を及ぼすため、むし歯の可能性がある場合には、試験の3ヶ月前には、完治するように前もって受診しておくことが望ましいです。

また、あらためてですが、コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症予防対策として、マスクの着用、手洗いやうがい、手のアルコール消毒などを実施しましょう。

このようなことから、ケアマネ試験合格のためには、計画的な学習を行うとともに、日々の健康管理を十分に行うことが重要になってきます。

この2つの点を考慮しながら、試験に向けた学習ライフを過ごすことが大切ですね。なお、試験の前夜は、しっかり睡眠をとり、脳をリフレッシな状態にしておくことも大切です。

下表に健康管理のポイントを掲載していますので、これをもとにチェックしながら、日々の健康管理を心がけましょう。

感染対策の基本

健康管理のポイント

〇日々の手洗いやうがいを行う

〇コロナウイルス、インフルエンザなどの感染症に対してマスク着用などで予防を図る

〇栄養管理を行う

〇自身の生活リズムに合わせた規則的な生活を送る

〇歯磨きをしっかり行う

〇健康面で気になる箇所があれば早期に受診する

〇治療できる箇所は、試験3ヶ月前には完治するよう前もって受診する

 

ケアマネ試験合格!必須五か条 その四

ケアマネジャー試験合格に向けて、テキストや練習問題を学習することは重要ですが、プラスして、情報収集を行い、その情報を分析することも同じように重要なものです。

ここでは、合格に向けて必要な情報収集・分析方法について紹介します。

パソコンで情報収集

①試験に向けた情報収集・分析

試験に向けた情報収集では、試験を受けるために必要かつ正確な情報を収集することが重要です。できるだけ早く受験申込期間や受験申込方法、試験日等を正確に把握することで、自身が余計な心配をする必要がなくなり、安心して学習にうちこめるものです。

また、模擬試験や講習などの情報を収集することで、自身の学習計画と照らし合わせて、最適な模擬試験や講習を選択することができますので大切な情報収集です。

なお、受験会場が通知された場合、会場まで足を運び、駅から会場までのルートや、大雨や地震などで、電車が止まった場合などの緊急時ルートの検討を行うことが重要です。

遠隔地からの受験は、前泊も想定されます。ホテル・旅館などの宿泊施設の情報収集も必要になります。

試験会場

②学習のための情報収集・分析

学習のための情報収集では、ケアマネジャー試験において必要な法律・統計情報を収集することが重要です。

主な情報収集箇所を下表に示してみました。表の中にある厚生労働省等法令データーシステムは、学習していく中で、最も重要な情報収集資源です。これは法制度名で検索することで、その法制度の最新の条文が閲覧できるとともに、関連している法制度についても閲覧できるシステムなっています。

特に介護保険法は、ケアマネジャー試験において最も重要な法律であり、条文に関連した問題が、毎年多く出題されています。そのため、頻繁にチェックしておく必要があります。

なお、法制度の条文の閲覧画面上部には最終改正年月日が記載されていますので、改正箇所も合わせてチェックすることができます。改正後の最新の条文を閲覧するようにしましょう。

なお、この他にもさまざまな情報収集箇所がありますが、情報の真偽や情報発信日などに注意すること重要です。

必須!情報収集・分析資源一覧
🔷法律・統計情報

  1. 電子政府の総合窓口(法令検索システム等) e-Gov https://www.e-gov.go.jp/
  2. 厚生労働省(統計調査結果)https://www.mhlw.go.jp/toukei/