医療費控除制度

医療費控除とは


医療費控除の概要

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることがで きます。これを医療費控除といいます。
参照元:No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)国税庁


医療費控除の対象となる医療費の要件

(1)納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2)その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。


医療費控除のすべてがわかる本

遅くとも年内に確定申告に向けて、医療費領収書の整理方法等に向けた解説書が欲しいですね。アマゾンでおすすめの令和2年年3月の確定申告用で事例を通じて可否の判定をする解説書です。ご活用ください。医療費控除のすべてがわかる本 (令和2年3月申告用)

・医療費控除に関する169の質問に税理士が答えていく形式。読んでいるだけで割と面白く、医療費控除のルールが身につく。フリーランス、サラリーマン共に確定申告するなら必見の1冊

・単行本:406ページ

・出版社:税務研究会出版局(2019/12/21)発売

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
(実際に支払った医療費の合計額−(1)の金額−(2)の金額
(1)保険金などで補てんされる金額
 (例)生命保険契約などで支給される入院給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
 (注)保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2)10万円
 (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額の5%の金額



控除を受けるための手続き


医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出するか、電子申告(e-tax)で申告する。なお、給与所得のある方は、平成31年4月1日以後、給与所得の源泉徴収票は 確定申告への添付又は確定申告書を提出する際の提示が不要となりました。

ただし、確定申告書を作成する際には引き続き給与所得の源泉徴収票が必要となりますので、税務署に行かれるときは持参されてください。