介護保険とケアマネージャー

介護保険制度の費用の負担(2)

ここでは、介護認定を受け、具体的なサービスを利用するときの、費用のめやすと自己負担のめやすを新制度に基づき紹介します。

前述しましたが、介護保険のサービスを利用した場合、原則としてサービス費用の1割を利用者が負担して、残りの9割は、介護保険から給付されます。ただ、サービスはいくらでも受けられるものではありません。


要介護状態区分により、介護予防サービス・在宅サービスの利用限度額が設定されています。限度額を超えてサービスを利用すると、費用の全部が自己負担となります。要介護の認定区分及び限度額の説明は、「介護サービスを利用するまでの流れ4)認定」を、ご覧下さい。

2006年03月10日 19:29