ケアマネジャースキルアップに役立つ資格

福祉住環境コーディネーター


居宅介護支援の中に住宅改修支援がありますが、ケアマネジャーとして理由書の作成や、実際的なアドバイスがスムーズにできるよう 福祉住環境コーディネーターを取得しませんか!

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい環境を提案するアドバイザーです。我が国での急速な少子高齢化 に伴い、高齢者を取り巻く環境は一層深刻化しています。

高齢者や障害者が安全かつ快適に生活できる環境が望まれており、住宅改修の必要が生じてきました。そこで、高齢者や障害を持つ方の身体的特性や生活特性、福祉、医療、介護、福祉用具、住宅改修といった幅広い知識を持ち、また建築関係者などの専門家と連携を取りながら、最適な住環境をコーディネートできる専門家・福祉住環境コーディネーターが必要とされています。

住宅改修のアドバイスで困ったことありませんか?的確なアドバイスができずに困ったことありませんか?真のケアマネとしてもう一歩先に進んでみましょう。きっと、利用者やご家族の笑顔がまっています。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事

1)介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携

2)福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供

3)福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス

4)バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート

5)その他、自宅リフォームやボランティア活動でも活躍

ケアマネジャーのスキルアップの一つです!福祉住環境コーディネーターの2級以上を取得すると、住宅改修費介護保険の給付から助成する場合に必要な「住宅改修を必要用とする理由書」作成ができるようになります。ケアプランとの連携がよりスムーズにできます。利用者へ幅広い住宅プランを提供するためを是非取得されることをおすすめします。

福祉住環境コーディネーター資格の概要

3級資格

福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識を持つ資格です。

2級資格

3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。
また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力が求めれれる資格です。仕事で活用するためには2級資格は必要です。

1級資格

3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を持った資格です。


福祉住環境コーディネーター試験概要・難易度

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。(誰でも受験することができます。)

受験要件

2級からの受験や、3・2級を同日に受験することも可能です。
※ただし、1級は申込み登録の時点で2級に合格されていることが条件です。(2級証書番号が必要です)

難易度

fukusi.jpg

参照元:東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター検定試験情報

試験の難易度は、級ごとに格差があります。直近の試験結果では、3級試験の合格率は55%をこえていて、福祉と住環境の関連分野の基礎知識ということでそう難しくないと思います。

しかし、2級試験になると合格率が28%〜37%台と3/1ほどに下がり、1級試験の合格率は10%台となり難易度はかなり高い試験だということがわかります。

3級はテキストでの自習でも合格は可能かもしれませんが、1級・2級はセミナーでの講習や通信教育などを受けた方が合格への一番近道の勉強法と思います。

また、受験者の職種が訪問介護員、介護福祉士、ケアマネジャーの有資格者が多い試験です。日々の仕事の忙しい中での試験勉強をしなければなりません。

福祉住環境コーディネーター試験対策講座

となると、仕事をしながらのスケジュールにあった勉強方法は、やっぱり通信講座がおすすめです。何故なら、多忙なケアマネジャー等業務の中で試験勉強も大変です。ここは、短期間に効率よく通信 講座で試験勉強を行って、確実に資格の取得を行いましょう。以下は、福祉住環境コーディネーターの通信講座で有名なところです。

siryou.jpg

福祉住環境コーディネーターの通信講座では有名なスクールで、実績のあるスクールです。ただ、それぞれお気に入りのスクールの詳細が知りたい、あるいは受講期間の詳細が知りたいなど あります。

まずは資料請求をやってみましょう。そして、スクールの詳細を検討して通信講座を受講したいと思えば申し込んで試験勉強に進みましょう。資料は勿論無料で、後日、電話での 勧誘なども一切なくわずらわしさもありません。

また、資料の請求方法もスマホやPCで簡単にできます。下記の資料請求ボタンをクリックして、興味のあるスクールの資料請求欄にチェックをいれて、資料の送付先等を入力すれば完了です。スキマ時間に 簡単にできます。また、すべてのスクールの一括資料請求して比較検討するのもいいと思います。資料は1週間ほどで届きますので急ぎで欲しいときも便利です。


福祉住環境コーディネーター公式テキスト

試験問題は公式テキストから出題されるのでテキストが必要になります。問題文も選択肢も、テキストで一度は読んだことがある試験です。ただ長い文章が多く、その中の一か所だけま違った言葉や数字に変えたり、順番を変えてあります。なので公式テキストは必携のテキストになります。

3級の出題分野は

3級の試験は、福祉と住環境についての基礎知識を確認する入門テストといった位置づけになります。 ユニバーサルデザイン等の用語や、制度の内容を正確に覚えるようにすれば点数につながります。

2級の出題分野は

2級の出題分野は、3級のテキスト内容をより深め、実践的にした内容になります。住環境整備に加え、相談援助の進め方や、福祉用具についてなど、出題範囲も拡大されます。

以下は公式テキストの紹介です。本試験の主催である東京商工会議所の出版で、公式テキストです。販売先は、Amazonです。安心してご購入下さい。

福祉住環境コーディネーター公式テキスト
    3級公式テキスト     2級公式テキスト     1級公式テキスト
        

本試験の主催は東京商工会議所が行います。お問合せは⇒東京商工会議所「福祉住環境コーディネーター」検定センター