ページに表示する

令和3年8月1日から介護保険施設における負担限度額の変更


介護保険施設における負担限度額が変わります

厚生労働省資料参照

〇介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院)やショートステイを利用する方の食費・居住費については、 低所得の方への助成(補足給付)を行っています。
※補足給付は、世帯全員(別世帯の配偶者を含みます)が市町村民税非課税の場合が対象です。

〇令和3年8月から、在宅で暮らす方との食費・居住費に係る公平性や負担能力に応じた負担を図る観点から、一定額以上の収入や預貯金等をお持ちの方 には、食費の負担額の見直しを行います。

改正の内容

1認定要件である預貯金額が、以下のとおり変わります。

なお、今回の見直しで補足給付の対象外となる方でも、預貯金額が減少して、認定要件を満たすこととなった場合には、申請により負担軽減の対象となります。

R3futan.jpg

※公的年金等収入金額(非課税年金を含みます。)+その他の合計所得金額。

2介護保険施設入所者・ショートステイ利用者の食費(日額)の負担限度額が変わります。

なお、居住費の負担限度額は、変更ありません。

R3syoku.jpg

※食事の提供に要する平均的な費用の額(基準費用額)は、1,392円→1,445円(日額)に変わります。
(注)生活保護受給者や老齢福祉年金受給者等(第1段階)の負担限度額は、食費・居住費ともに変更ありません。

Q 「預貯金等」にはどのようなものが含まれますか。また、どのように確認するのでしょうか?

A 預貯金等に含まれるものは、以下の表のとおりです。負債(借入金・住宅ローンなど)は、預貯金等の額から差し引いて計算します。
申請者に預貯金や負債額を記載していただくとともに、以下の表の「確認方法」に記載の添付書類等を付けていただくこととなります。その上で、保険者が必要に 応じて、金融機関等に照会を行います。

R3kakunin.jpg

※預貯金等に含まれないものとしては、生命保険、自動車、腕時計、宝石などの時価評価額の把握が難しい貴金属、絵画、家財などがあります。

※不正に受給した場合には、それまでに受けた給付額に加え、最大2倍の加算金(給付金と併せ最大3倍の額)を納付していただく場合があります。