ページに表示する

令和3年8月利用分からの高額介護サービス費の見直しについて


令和3年8月利用分から高額介護サービス費の負担限度額が見直されます。

〇介護サービスを利用された際は、自己負担割合に応じた利用料を負担していただいております。高額介護サービス費とは、1カ月に支払った利用者負担の合計が負担限度額を超えたときは、超えた分が払い戻される制度です。 一般的な所得の方の負担限度額は月額44,400円です。

〇令和3年8月からは、負担能力に応じた負担を図る観点から、一定年収以上の高所得世帯について、負担限度額の見直しが行われました。

改正の内容

医療保険制度の高額療養費制度に合わせ、8月1日以降に利用されたサービス分より一定年収以上の高所得者の負担限度額を以下のとおり見直します。

kougaku.jpg

※区分が2つ新設されました。介護保険利用者で高額所得の利用者の負担上限額が引き上げられましたので、自己負担が増えたことになります。

見直しの対象となるケース

介護サービスの利用者又は同一世帯に課税所得380万円(年収約770万円)以上の65歳以上の方がいる場合が対象となる。

医療費・介護サービス費ともに高額で、高額介護合算療養費制度(年間の医療費・介護サービス費が負担限度額を超えた場合に払い戻しを行う制度)により 医療費・介護サービス費の払い戻しを受けています。今回の見直しで負担が増えることがあるのか?

高額介護合算療養費制度等の支給要件や負担上限額に変更はないため、収入や医療・介護サービス費等が同じであれば、実質的な負担はこれまでと同額となる。