ケアマネジャー試験お役立ち情報

第8回介護支援専門員実務研修受講試験(平成17年10月23日実施)合格基準の公表

第8回の介護支援専門員実務研修受講試験の合格ラインです参考にして下さい。

第8回介護支援専門員実務研修受講試験(平成17年10月23日実施)については、次の2の条件を満たした者を合格者とする。
なお、問題28(保健医療分野<基礎>については、不適切問題として採点除外の扱いとする。


(1)介護支援分野
総得点25点に対し、得点16点以上の者。(総得点の70%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)


(2)保健医療福祉サービス分野
ア 解答免除のない受験者
総得点34点に対し得点22点以上の者。(総得点の70%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)


イ 解答免除のある受験者
解答免除の区分に応じ、それぞれ下記の基準を満たした者。(総得点の70%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)


平成17年度の合格基準ですが、それぞれの分野で70%以上の正解率が必要です。問題集や模擬試験を実施する場合に合格ラインの判断基準としましょう。