ケアマネジャー試験対策

ケアマネジャー試験学習のノウハウ

ケアマネジャー試験の学習テクニックを、ケアマネジャーと一緒に話してみました。

ただ、ケアマネジャー受験だけに特化することではなくどの資格取試験にも共通していえることがほとんどですね。

また、本記述は私の考え方を述べております。強制するものではありませんが、共感頂ければ参考として是非とり入れていただきければ幸いです。

学習のテクニック


まず、資格試験突破共通事項として

1.暗記する

2.各項目を理解する

3.試験範囲全般についての体系を理解することが必要です。


1.暗記する方法は、

ノートに暗記することをひたすら書き続ける。何度も読み返す。声に出して暗記したいことを読む。

などが一般的でしょうか?暗記する方法は人それぞれなので、自分にあった方法を探してみてください。

理解することが100%ですが受験勉強期間が短いときは暗記するのも特に必要になります。


2.理解する方法は、

福祉関連の資格は、自分の経験や身近な出来事に関連させることが一番だと思います。


たとへば、あなたの周りに介護保険の認定を受けてサービスを利用している人はいませんか?また、知り合いにケアマネジャーはいませんか?


介護保険認定の方がおられたら、”どんなサービスを受けているんですか”とか、ケアマネジャーには、”どんな仕事しているの”等少しでも身近な環境から学ぶことも必須です。


また、そんな心得が真のケアマネジャーへの第一歩にもつながると思います。


3.体系を理解するのは、

ケアマネジャーの場合、基本テキストももちろんですが、市区町村の介護保険窓口に行くと新しい制度でパンフレットを必ず備えて有ります。


かなり良くできたパンフレットで、介護保険制度の全体の流れ、保険料や介護認定申請等も具体的に書いてあります。


是非、近くの市区町村の介護保険窓口に訪ねて入手してください。全体的な流れを理解するにはかなりおすすめです。


なお、利用目的をたずねられたら”ケアマネジャーを受験するための資料としていただきたい”と直に申し出てください。行政もケアマネジャーの確保には力を入れていますので問題ありません。

次に、基本テキスト等を参考にしながら関連する項目をノートに図にしながら書き出すといいでしょう。

そのときに役にたつのが目次です。


目次は、要点を順序良く記述してありますのでそれだけで体系がまとめられているといえます。目次を参考にして自分なりの体系図をつくりましょう。


あとこれは取って置きのテクニックなのですが、ある程度学習が進んだら自分が学習したことを人に教えるのです。


特にケアマネジャーの仕事は、相談業務・サービス担当者会議等で説明する機会が多く有ります。その一つの練習としても有効な学習方法です。


あなたの恋人、親、兄弟、配偶者、友達だれでもいいから生徒になってもらって自分が先生となり、自分の学習したところを講義してみてはどうですか。


これは効果がありますよ!人にものを教えると言うのは自分が十分に理解していないと、きちんと教える事が出来ないからです。


また、人に教えると自分の理解が足りないところが良く分かります。その不足部分を見直して、再度理解しましょう。


ある程度学習が進んだらぜひこの方法を試してみてください。


学習環境について


介護士・看護師の仕事をされている方は、夜勤もあり受験勉強には大変な労力を必要とします。


また、環境変化(家族の病気等)により予定どおり行かない場合が多く、やめたい時もあると思います。


きっとその努力は報いられます。一度目指したケアマネジャー、ケアマネジャー実務研修受講資格必ず手にしてください。先輩ケアマネジャーも応援していますよ!


以上が記述しましたが、短期にケアマネジャー資格試験突破の一つの手法です。是非あなたにあった学習方法をつくりだして下さい。


一つの学習方法を身につけると、後は他の資格試験の学習方法にも十分利用できますし、仕事のうえでも、家庭でも役立つときがあると思っています。


ユーキャンのケアマネジャー受験講座は、最長で6ヶ月コースまずは案内資料請求(無料)を・・・
ユーキャンのケアマネジャー講座