介護保険新着記事

H27改正自己負担額〜所得多ければ2割に!

介護保険サービスを利用した時の自己負担が、私は今年8月から2割になりました。所得が多いからというのですが。と言ったお尋ねはケアマネジャーさんにはありませんか!


介護保険が始まって15年。サービスを利用したときの自己負担はずっと1割でした。それが一定以上の所得がある人はH27年8月から2割に引き上げられましたので、驚ろかれた人も多いと思います。ケアマネジャーさんにも当然どうなっているんですか等お尋ねがありますし、ケアプラン作成でもサービスの利用計画で、丁寧な説明が必要になりますね。


ここで所得の一定以上というのがポイントになります。一定以上の所得というのは、年金収入だけの場合は単身で年280万以上、夫婦では年346万以上の人です。ただし、夫婦で年346万以上でも個人ごとに判定されます。


例えば、夫婦で年金が360万円あっても、夫の分が年290万円。妻の分が70万円なら、夫は2割負担になります。ともに年180万円ずつならどちらも1割負担です。


夫婦で年346万円未満の場合は、とちらかが年280万円以上であっても、2人とも1割負担のままです。


厚生労働省の推計によると、2割負担の対象者は65歳以上の5人に1人程度。利用者では在宅サービスの約15%と特別養護老人ホーム入所者約5%の60万人に影響したとみられています。


ただ、、2割負担になっても負担額は必ずしも倍増するわけではありません。医療費の高額療養費制度と同様に、介護保険でも高額サービス費制度で月ごとの負担には限度額が設けられているからです。その限度額を超えた分は申請すれば払い戻されます。


2割負担になった人でこの限度額を超えるのは、施設入所者のほとんどと在宅サービスを利用する要介護4と5の人の半分以上とみられています。該当者は高額介護サービス費限度額申請を忘れないようにしてください。


今回の見直しは、年々増え続ける介護費用を抑制するため、高齢者でも所得の高い人には応分の負担をしてもらおうという考え方です。その趣旨は分かりますが、利用を控えるようにならないかと心配もあります。