介護保険新着記事



介護保険料〜費用膨らみ上昇続く

ケアマネジャーであれば御存じの情報かもしれませんが、介護保険料はどうなっているのかなと思われるケアマネさんはご覧ください。


介護保険料がH27年4月からまた上がりました。年金生活には負担が重くなっています。65歳以上の介護保険料は3年ごとに改定され、4月からは全国平均でみると月5,514円になりました。


H27改正自己負担額〜所得多ければ2割に!

介護保険サービスを利用した時の自己負担が、私は今年8月から2割になりました。所得が多いからというのですが。と言ったお尋ねはケアマネジャーさんにはありませんか!


介護保険が始まって15年。サービスを利用したときの自己負担はずっと1割でした。それが一定以上の所得がある人はH27年8月から2割に引き上げられましたので、驚ろかれた人も多いと思います。ケアマネジャーさんにも当然どうなっているんですか等お尋ねがありますし、ケアプラン作成でもサービスの利用計画で、丁寧な説明が必要になりますね。


要支援サービス 地域へ移行内容多様に

H27の介護保険の制度改正で、介護の必要性が比較的低い「要支援」に認定されている人が利用する介護予防サービスのうち訪問介護(家事援助等のホームヘルプサービス)と通所介護(ディサービス)は、今年4月から仕組みが大きく見直されました。


介護保険施設への入所 低所得者への補助縮小!

H27の制度改正で介護保険施設利用者で補助の対象者であった低所得者への軽減措置が厳しくなります。


介護保険には、△介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)△介護老人保健施設(老健)△介護療養型医療施設(療養病床)の3施設があります。