特養待機者と高齢者住宅

高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律案について

国土交通省は、平成23年2月8日に高齢者の居住の安定を確保するため、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度の創設等行うと発表した。

ケアマネジャーの皆様にはケアプランの作成で施設介護のプランも大変重要な事項です。実態の把握とケアプラン作成での情報として活用できれば幸いです。


法律の概要は、
(1)高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部改正
?@「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度の創設
(ア)高齢者向けの賃貸住宅又は有料老人ホームに高齢者を入居させ、状況把握サービス、生活相談サービス等の高齢者が日常生活を営むため必要な福祉サービスを提供する事業を行う者は、都道府県知事の登録を受けることができることとする。


具体的な、「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。


まず、住まいのハード面ではバリアフリー構造で居住空間も一定の面積、設備が確保されます。更に安心できる見守りサービスとして、ケアの専門家による
●安否確認サービス
●生活相談サービス
が受けられる、安全安心の住まいということになります。


ただ、この「サービス付き高齢者向け住宅」もまだまだ整備が進んでいなことと、それぞれの事業者で入居基準がまちまちだったりと入居が進んでいないのが現状のようです。


そこで、関東を中心に有料老人ホームの無料相談を行っている◇◆◇【有料老人ホームあんしん相談室】◇◆◇があります。無料というのは、とてもありがたいですね。


全国で1,500以上の有料老人ホームがご紹介可能ということです。ケアマネジャーとして相談等あればひとつの情報としてご活用ください。


この相談室の基本的な流れは
(1)ご相談の受付(TEL・E−mail) 【入居検討者様のお体の状態や希望する地域・予算等をお聞かせください。】
         ↓
(2)資料が届く【当相談室よりご希望に沿った有料老人ホームのパンフレットを複数送付します。】
         ↓
(3)資料で検討【各ホームをパンフレットでご検討の後、質問や要望をお聞かせください。
         ↓
(4)見学・体験入居【見学の予約、体験入居などを当相談室で行います。
         ↓
(5)ご入居【体験入居でサービスを確認した後に老人ホームとの入居契約となります。】


また、電話での相談とメールでの相談がありますが、忙しい方にとっては夜中でもメールでの相談、資料請求ができますのでとても便利です。高齢者向け住宅をお探しのかたは是非、一度メールで相談されたらいかがでしょうか。→素敵な有料老人ホームを探しは【有料老人ホームあんしん相談室】