社会福祉法

社会福祉法 第十一章 雑則

第十一章 雑則
(平一二法一一一・旧第九章繰下)


(芸能、出版物等の推薦等)
第百二十五条 社会保障審議会は、社会福祉の増進を図るため、芸能、出版物等を推薦し、又はそれらを製作し、興行し、若しくは販売する者等に対し、必要な勧告をすることができる。
(平一一法一六〇(平一二法一一一)・追加、平一二法一一一・旧第百二十三条繰下)


(大都市等の特例)
第百二十六条 第七章及び第八章の規定により都道府県が処理することとされている事務のうち政令で定めるものは、指定都市及び中核市においては、政令の定めるところにより、指定都市又は中核市(以下「指定都市等」という。)が処理するものとする。この場合においては、これらの章中都道府県に関する規定は、指定都市等に関する規定として、指定都市等に適用があるものとする。
(平八法一〇七・追加、平一一法八七・一部改正、平一二法一一一・旧第八十三条の二繰下・一部改正、平一一法一六〇(平一二法一一一)・旧第百二十三条繰下、平一二法一一一・旧第百二十四条繰下)


(事務の区分)
第百二十七条 別表の上欄に掲げる地方公共団体がそれぞれ同表の下欄に掲げる規定により処理することとされている事務は、地方自治法第二条第九項第一号に規定する第一号法定受託事務とする。
(平一一法八七・追加、平一二法一一一・旧第八十三条の三繰下、平一一法一六〇(平一二法一一一)・旧第百二十四条繰
下、平一二法一一一・旧第百二十五条繰下)


(権限の委任)
第百二十八条 この法律に規定する厚生労働大臣の権限は、厚生労働省令で定めるところにより、地方厚生局長に委任することができる。
2 前項の規定により地方厚生局長に委任された権限は、厚生労働省令で定めるところにより、地方厚生支局長に委任することができる。
(平一一法一六〇(平一二法一一一)・追加、平一二法一一一・旧第百二十六条繰下)


(経過措置)
第百二十九条 この法律の規定に基づき政令を制定し、又は改廃する場合においては、その政令で、その制定又は改廃に伴い合理的に必要と判断される範囲内において、所要の経過措置(罰則に関する経過措置を含む。)を定めることができる。
(平一二法一一一・追加、平一一法一六〇(平一二法一一一)・旧第百二十五条繰下、平一二法一一一・旧第百二十七条繰下)


(厚生労働省令への委任)
第百三十条 この法律に規定するもののほか、この法律の実施のため必要な手続その他の事項は、厚生労働省令で定める。
(平一二法一一一・追加、平一一法一六〇(平一二法一一一)・旧第百二十六条繰下・一部改正、平一二法一一一・旧第百二十八条繰下)