介護保険の要であるケアマネジャー

介護保険の鍵をにぎるケアマネージャー

本制度では、それぞれの役割があり運用されていますが、その中で、介護保険制度が期待どおりに運用されるかどうか、その鍵をにぎるのはやっぱりケアマネジャー(介護支援専門員)だと思います。



「目 的」で紹介しましたが、我が国に初めて本格的なケアマネジメントの仕組みを制度化した、介護保険制度、そのケアマネジメントを行うケアマネジャー、専門的な知識を持ち、利用者が自立した質の高い生活(QOL)になるよう誘導してくれる役割のケアマネジャー。


また、制度概要の「費用負担」及び「保険料」で記述しましたが、制度開始以来、費用額が増加の一途をたどっています。


それに比例して、介護保険料も引き上げられてきています。この伸びは、高齢者人口の増加に伴う、要介護・支援者の増加が大きな理由だと思います。


しかしながら、マスコミ等の情報によると、一部の事業所等で新規の認定者の掘り起こし、不適切なサービスの提供があっています。


事業所等が、介護保険と利用者を食いものしている事例だと思います。本来の制度目的から、逸脱していてるとともに、費用額及び保険料の増加の要因にもなっています。


ケアマネジャーは、公平・中立の立場で、利用者本位のケアプランを作成し、適切なサービスを利用者が、利用することによって、その目的が達成されるものだと思います。


この制度は、ケアマネジャーなくしては、運用できない制度であり、重要なポストとして位置づけられていることは、おわかりいただけたと思います。


今後この制度が、持続的に運営できるかはケアマネジャーが役割をしっかり身につけて、実働することだと思います。


時には、利用者・家族との意見のくい違いが等もあるでしょう、併設のサービス事業所との調整もうまくいかない等、苦労の多い仕事と十分わかります。


しかし、専門職として真のケアマネジャーとして是非、地域の日本の高齢福祉を担う役割であることに誇りを持ち活躍していただきたいと思います。


高齢者の大切な笑顔を守るために、あなたのその想いを生かしてください。


おすすめ!⇒ケアマネジャーを目指しているあなたに