ケアマネジャーの職場

在宅介護支援センター

市町村が設置している高齢者の相談窓口です。

在宅介護支援センターは、高齢者の生活を支援するため一人暮らしの高齢者や、高齢者世帯の家族等の実態把握を行ったり、相談を聞いたりします。


相談や実態把握の中で高齢者福祉事業(市町村で取組みが方がさまざまである。)の必要がある方には申請の代行や、利用までの支援も行います。


在宅介護支援センターは、市町村直営で設置しているところも有りますが、社会福祉法人等に市町村が委託している場合も有ります。


委託の場合、居宅介護支援事業者が受託しているケースも多く、社会福祉士やケアマネジャーが在宅介護支援センターの業務も兼務しているところもあります。


兼務の場合は、介護保険の利用をされた時介護保険利用前の実態把握ができることと、地域の福祉サービスの情報が入手できること、利用者以外の情報も多く入手できるためよりよいケアプラン作成の情報として利用できる利点がある職場といえるでしょう。