ケアマネジャーの基礎知識

5)スケジュールを自分でしっかり立てて、責任を持てるケアマネジャーになる!

ケアマネジャーは、介護保険制度のエキスパート、専門職です。介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、実務研修を受けてケアマネジャーになりました。

しかし、本格的なケアマネジャーの業務をこなしきって、本物のケアマネジャーになると私は思っています。その中でケアマネジャーとしてしっかりスケジュールを立てることが重要であり、自分のスケジュール管理ができて責任を持ったケアマネジャーになるのです。

よく新人ケアマネジャーはケアマネジャーになった途端、何をしたらいいかわからない。といったケアマネも少なくありません。

ケアマネジャーになる前は、介護職や医療職で仕事のスケジュールは、上司が決めていたと思います。これは、自分でスケジュールを考えなくてもいいことになります。

ところがケアマネジャーは、自分でスケジュールをたてて自ら動かなければなりません。