ケアマネジャーの基礎知識

ケアマネジャーの心構え・基礎知識

現役ケアマネジャーはおさらえとして、ケアマネジャーを目指している人には心構えとして・・・

ケアマネジャーが、介護保険のサービス利用手続きの一連の過程に中心的にかかわる制度運用の要であることは既述しましたが、このことは同時に、ケアマネジャーの行う介護支援サービスの良否がサービス利用者である要介護者等の生活の質を直接左右することとなります。

また、ケアマネジャーが地域住民や被保険者に対する介護保険制度の窓口的な役割を果たすことから、ケアマネジャーの一挙一投足が介護保険制度の信頼を左右するものとなりうるということがでてきます。


こうしたケアマネジャーが制度運用の要である介護支援サービスの機能を遺憾なく発揮するためには、制度については制度自体の詳細な内容、要介護認定の申請から保険給付、介護報酬、給付管理、審査支払までの手続きをよく承知し、要介護認定者等に不利のない運用を行うことです。

介護保険のあらゆる相談等に相当程度対応し得ることが必要となります。

また、介護支援サービスについても、課題分析(アセスメント)からり・アセスメント至る一連の過程に精通し、これを十分に実施する技量が必要です。

特に、ニーズに対応するサービスを適切に組み合わせて継続的に提供し続けるためには、保健・医療・福祉にわたる幅広く総合的な基礎知識、および各種居宅サービス事業者や介護保険施設の機能、事業内容を承知し、どのような状態にある要介護者等にどのような内容のサービスを提供すべきかを十分に知る必要があります。

なお、ケアマネジャーの業務の中心となるであろう介護支援サービスは、ケアマネジャーが単独で成し得るものではないことに注意を要します。

介護支援サービスは実態的には、サービス利用者やその家族を中心とした各種サービス担当の専門職による目標達成に向けての共通認識のもとでの「チームケア」なのであり、ケアマネジャーは万能ではないのです。

また、介護保険においては多様な介護サービスの参入がみられますが、介護支援サービスが利用者本位の立場を離れ、公正中立を失うことがあってはなりません。

介護支援サービスはケアマネジャーの姿勢如何によって歪められるおそれがあり、サービス提供側の利害得失のためにサービスや判断が歪められることは避けなければなりません。

ケアマネジャーはその業務を行うにあたり、特に首尾一貫して利用者本位、公正中立であることに徹する必要があります。そこで、ケアマネジャーの心構えを整理してみましたのでぜひ参考にご覧ください。

ケアマネジャーの心構え


1)ケアマネジャーは利用者のために 介護保険制度の中でケアマネジャーは、利用者と家族のために行動することが基本理念ですが・・・
2)挨拶と身だしなみ           ケアマネジャーじゃなくても、働く社会人として挨拶と見出しなみは大事なものですね。多くの人と接するケアマネジャーは、もっと気をつけたい挨拶と身だしなみについてです。
3)ケアマネジャーはケアチームの裏方 ケアチームは、ケアプランの実現のために集まった専門職の集まりです。ケアマネジャーは、そのチームの裏方として行動すること。
4)ケアマネジャーの基本は話を聞くこと ケアマネジャーは、ケアプランを作成します。それには利用者やご家族の話を聞き信頼関係をつくってからこそ、ケアプランに反映されるのです。
5)スケジュール管理ができるケアマネジャーになる! 自分でスケジュールを立てて、訪問やサービス担当者会議を開催します。スケジュールをきちっと立てることがスムーズに仕事ができる基本です。

ケアマネジャーの心構えとして整理してみましたが、この他にもいろいろとあると思います。これをまず理解することで業務がスムーズに行われ、さらに進んだ自分だけのケアマネジャーの心構えが生まれると思います。



おすすめ!⇒ケアマネジャーを目指してるあなたに