ケアマネジャーの将来性



統計からみたケアマネジャーの将来性

平成24年10月1日、全国でケアマネジャー(介護支援専門員)は、約9万人以上従事しています。しかし、実際に活動できるケアマネジャーは一握りであり、今後も新たにケアマネジャーは必要とされます。


この傾向は当分続くと思われ、将来性という点でこれほど有望で確実な職種はないと思われます。