ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャー業務 7)モニタリング

ケアマネジャーは、ケアプラン作成後もサービスの実施状況や利用者のニーズの変化を確認し、必要があれば再アセスメントを行います。

居宅サービス計画に含まれる各サービスの管理は、基本的にはサービスの実行と同時並行して行われることとなります。


居宅サービス計画に基づいて適切に提供されているか、また、サービス提供に伴う要介護者等の心身の状況等の変化、要介護者等の介護者や住環境等の変化、ひいては生活課題(ニーズ)の変化などを把握することが重要です。

必要な場合には、再課題分析(再アセスメント)を実施し、居宅サービス計画の見直しが適宣行われる必要があります。


日常生活を営むのにさまざまな機関からのサービスを要する要介護者等にとっては、ケアの質こそが、生活の質そのものに直結するものであることを忘れてはなりません。


ケアマネジャーは、その時々で適切なサービスが提供されるよう支援することが業務のなかでも重要なポイントです。