ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャー業務 2)訪問調査

要介護認定申請を受けた市町村は、その被保険者の日常生活の動作や問題行動などについて訪問調査(認定調査)します。この訪問調査と主治医の意見書は介護認定審査において一次判定の結果につながる重要なものです。


市町村は指定の居宅介護支援事業所や介護保険施設等に訪問調査を委託していて、その事業所や施設で働くケアマネジャーが調査をしています。


訪問調査では、全国共通の認定調査票を用いて、被保険者の心身の状況などを調査します。
また、市町村は医学的な情報として主治医の意見を求めます。なお、主治医がいない場合は、市町村が指定する医師の診断を受けます。


申請者が、訪問調査や医師の診断に応じない場合、申請は却下されます。


ケマネジャーは、認定調査で知り得た内容について、守秘義務がありますので注意するところです。
訪問調査(認定調査)も委託を受けた場合は、ケアマネジャーの業務の一つとなります。


ケアマネジャー業務訪問調査の主な内容

  

?@心身の状況についての調査

?A介護に要する時間の推計

?B特別な医療の有無

?C主治医による意見書

※ここで紹介している主な訪問調査内容の具体的な内容は介護認定に関わることですからとても細かく調査するような内容に当然なっています。