ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャーの主な業務内容

ケアマネジャーの主な業務を紹介します。下記の内容を見ていく間に大変な仕事だなあ〜て思われるかもしれませんが介護保険制度の要の業務をケアマネジャーは行っています。


一度目指したケアマネジャーあきらめずに頑張っていきましょう。

ケアマネジャー主な業務一覧表

1)アセスメント・申請代行等    高齢者やその家族等からの介護保険制度についての相談を受ける。また、介護サービスの利用にはまず申請が必要になりますので利用者に代わって申請手続きの代行を行います。
2)訪 問 調 査         被保険者が介護保険の申請を行うと訪問調査をすることになっています。多くの市町村ではこの訪問調査を委託して居宅介護支援事業所や介護保険施設のケアマネジャーに委託して実施しています。
3)面    接           要介護認定が決定すると、どのようなサービスを提供するかを判断したり、ケアプランを作成する情報収集のため面接を行います。
4)課題分析(アセスメント)   利用者の課題を分析してニーズを把握します。
5)ケアプランの作成       利用者の生活での今後の目標や具体的なサービス利用計画をたてます。
6)サービス担当者会議の開催 サービスを提供する事業所とスムーズなサービス提供ができるようサービス担当者会議を開催します。
7)モニタリング          介護保険サービスの状況や利用者の状況を把握し、必要があれば再度課題分析を行いサービス実施の修正を行います。
8)関係機関との連携      ケアマネジャーだけでは一連の業務を行うことはできませんので、各機関との連携を図り、よりこまやかな支援を行います。
9)給付管理業務        給付管理票の作成や介護報酬を請求します。