ケアマネジャーの業務内容

相談業務

ケアマネジャーとして一番最初の仕事であり、これから介護保険との連携等の方向性を定める重要な業務になります。

介護保険の申請については、介護サービスを利用するまでの流れでご紹介しましたがその前に制度について詳しくない方、あるいは高齢者だけの世帯は、まずどうすればいいのかわからないため、居宅介護支援事業者に相談される人、また市町村の広報活動等により居宅介護支援事業所に相談される人が有ると思います。

ここからがケアマネジャーの仕事の始まりといっても過言ではないと思います。相談にこられた方の、内容を判断し、まず在宅での生活が現在どうされているか、今後それを継続するにはどうすればいいのか、介護保険制度の利用が必要なのか、在宅福祉事業で対応可能なのかの判断をすることがこの相談業務です。


具体的に所在の市町村の福祉事業の実施内容、その他ボランティア等の活動状況で対応できる在宅生活の援助等の情報も、ケアマネジャーとして当然持っておくことが要求されます。