ケアマネジャーの業務内容

ケアマネジャー業務 5)ケアプラン(サービス計画書)原案の作成

ケアマネジャーの仕事の中で、重要なケアプランの原案作成です。

ケアマネジャーが、課題分析をもとにして具体的なサービス計画をまとめたものを、ケアプランといいます。

「ケアプラン」は、「居宅サービス計画」と「施設サービス計画」に分かれます。前者は、在宅で介護を受ける人用の在宅サービスの種類や内容、スケジュール、提供するサービス事業者などをプラン化すること。

後者は、施設入所者のサービス内容等をプラン化したものになります。

ケアプランは、解決すべき課題や援助目標、援助内容からなっています。援助目標は、短期目標・長期目標があります。そして、その援助目標に向けた具体的なサービス内容を、援助内容といいます。


要介護者等及びその家族の希望を踏まえて居宅サービス計画の原案が作成され、それをサービス担当者会議で協議します。


ケアプラン完成までのフロー図

アセスメント(課題分析)
arw023.gif
居宅サービス計画の原案作成
arw023.gif
サービス担当者会議の主宰
(要介護者等・家族及びサービス提供者の参加)
arw023.gif
居宅サービス計画の修正
arw023.gif
居宅サービス計画の完成(決定)

※なお、上記は居宅での生活を行う要介護者のケアプランについて記述しました。施設入所者のケアプランは別になります。