ケアマネジャーの業務内容



ケアマネジャーの主な業務内容

ケアマネジャーの主な業務を紹介します。下記の内容を見ていく間に大変な仕事だなあ〜て思われるかもしれませんが介護保険制度の要の業務をケアマネジャーは行っています。


一度目指したケアマネジャーあきらめずに頑張っていきましょう。

ケアマネジャー業務 1)アセスメント(相談受付)

ケアマネジャー業務としてケアマネジメントまでの流れの中で最初の申請代行の前に一部あるのが介護を必要とする人及びその家族等から、市町村等に相談する前に、居宅介護支援事業所等に相談される相談業務があって、おおまかな実態把握をし次へ誘導する業務になります。


専門的な知識を持ったケアマネジャーが今後どうすれば現在の生活を維持していけるか、その誘導を行うことになります。

ケアマネジャー業務 2)訪問調査

要介護認定申請を受けた市町村は、その被保険者の日常生活の動作や問題行動などについて訪問調査(認定調査)します。この訪問調査と主治医の意見書は介護認定審査において一次判定の結果につながる重要なものです。


市町村は指定の居宅介護支援事業所や介護保険施設等に訪問調査を委託していて、その事業所や施設で働くケアマネジャーが調査をしています。

ケアマネジャー業務 3)面接

初回面接で利用者の不安を取り除いたり、信頼関係を築きます。

要介護認定によって、要介護度が決定すると、利用者にどのような介護サービスを提供するかケアマネジャーの手腕がいきる業務が始まります。

ただ、初めてサービスを受ける利用者は、緊張し不安を感じている利用者も多いといえます。そんな中でケアマネジャーを信頼し、今後安心してサービスを受けていく意味でも、初回面接は重要です。

ケアマネジャー業務 4)課題分析(アセスメント)を行う

ケアプラン作成の前に課題分析(アセスメント)を行います。

介護支援は自立した日常生活ができるよう支援するものです。そのためには、問題点を明らかにしてニーズを把握することがまず重要です。

この問題点(課題やニーズ)を把握することが、課題分析(アセスメント)といいます。

ケアマネジャー業務 5)ケアプラン(サービス計画書)原案の作成

ケアマネジャーの仕事の中で、重要なケアプランの原案作成です。

ケアマネジャーが、課題分析をもとにして具体的なサービス計画をまとめたものを、ケアプランといいます。

「ケアプラン」は、「居宅サービス計画」と「施設サービス計画」に分かれます。前者は、在宅で介護を受ける人用の在宅サービスの種類や内容、スケジュール、提供するサービス事業者などをプラン化すること。

後者は、施設入所者のサービス内容等をプラン化したものになります。

ケアマネジャー業務 6)サービス担当者会議(ケアカンファレンス)

ケアプランを確認・修正し、事業者間の連携を強める場として、サービス担当者会議位置付けられています。サービス担当者会議は、ケアマネジャーが主宰者となり実施することになります。


ケアマネジャーが課題分析を行い居宅サービス計画の原案を作成する際には、一般には1人のケアマネジャーが実施することにならざるを得ませんが、実行する居宅サービス計画の検討については、ケアマネジャーと保健・医療・福祉サービスをその要介護者等に提供するサービス担当者が参加して、サービス担当者会議で実施することになります。

ケアマネジャー業務 7)モニタリング

ケアマネジャーは、ケアプラン作成後もサービスの実施状況や利用者のニーズの変化を確認し、必要があれば再アセスメントを行います。

居宅サービス計画に含まれる各サービスの管理は、基本的にはサービスの実行と同時並行して行われることとなります。


居宅サービス計画に基づいて適切に提供されているか、また、サービス提供に伴う要介護者等の心身の状況等の変化、要介護者等の介護者や住環境等の変化、ひいては生活課題(ニーズ)の変化などを把握することが重要です。

ケアマネジャー業務 8)関係機関との連携

ケアマネジャーは一連の業務をひとりで担うことはできません。

各機関と連携を図ることで、きめこまやかな支援ができるのです。


スムーズなサービス実施に不可欠な各機関との連携


今まで紹介したケアマネジャーの業務をスムーズに行うなためには、ケアマネジャーが働く居宅介護支援事業者と各関係機関との連携が欠かせません。

ケアマネジャー業務 9)給付管理業務

今までの業務のほかに、給付管理業務という重要な仕事あります。

給付管理業務を一口で言うと、サービス提供事業者に保険者(市町村)から介護報酬が適正に支払わたか、利用者からの利用料も適正に徴収されたかを管理するものです。


そのためには、サービス利用票やサービス提供票等を作成し、利用者に対してサービスが計画どおり提供されたかを毎月確認し、給付管理用表を作成します。

相談業務

ケアマネジャーとして一番最初の仕事であり、これから介護保険との連携等の方向性を定める重要な業務になります。

介護保険の申請については、介護サービスを利用するまでの流れでご紹介しましたがその前に制度について詳しくない方、あるいは高齢者だけの世帯は、まずどうすればいいのかわからないため、居宅介護支援事業者に相談される人、また市町村の広報活動等により居宅介護支援事業所に相談される人が有ると思います。

住宅改修の支援

ケアマネジャーの仕事としては、住宅改修支援は極端に多い仕事ではないと思いますが、介護保険の理念である居宅での生活支援として有効な方法です。

ケアマネジャーとして、必要な利用者には適切なアドバイスをお願いします。