介護保険の要であるケアマネジャー

介護保険の中で明確に位置付けられているケアマネジャー、法の中では介護支援専門員として表現されています。

介護保険の現状

さて、6年を経過した介護保険制度、今どんな状況なのでしょうか。

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは、介護保険の中でどんな役割なのでしょうか。

ケアマネジャーになるまでのフロー図

ここでは、ケアマネジャーになるまでを図にしてみました。また、詳しくご覧頂くために右側に関連のリンク先をを表示しています。

介護サービスを利用するまでの流れ

介護サービスを利用するには、要介護認定を受けなければなりません。

介護保険制度の費用の負担(1)

介護保険制度の費用負担は、義務と公平な負担です。 「法第4条 国民の努力及び義務」

介護保険制度の費用の負担(2)

サービスを利用するときの、費用のめやすと自己負担のめやすを新制度に基づき紹介します。

保険料の決め方

被保険者の保険料はどうやって決められるているのでしょうか。現役ケアマネジャーも復習でもう一度ご覧下さい。

保険料の納めかた

保険料の決め方で、保険料の基礎は少しお解かりいただけたと思いますが、ここではその保険料の納めかたについてご紹介します。

介護保険の鍵をにぎるケアマネージャー

本制度では、それぞれの役割があり運用されていますが、その中で、介護保険制度が期待どおりに運用されるかどうか、その鍵をにぎるのはやっぱりケアマネジャー(介護支援専門員)だと思います。