ページに表示する

ケアマネジャー絶賛の書籍が3冊刊行

中央法規出版からケアマネジャーの実用書が3冊刊行されました。ケアプランの作成やベテランケアマネジャーの仕事のコツがわかります。特に事例に基づくプラン作成の方法は、新しい事例のプラン作成に役立つこと間違いなしです。

熟練ケアマネの方、新人のケアマネの方それぞれ手元に置きたい書籍です。

 
書  籍  名 書  籍  の  説  明
☆すべてのケアマネにオススメしたい1冊。その名も『利用者の思いを映すケアプラン事例集』だ。

☆11の事例をもとにアセスメント情報からどのように「課題」を導き出したのかを詳しく解説されており、ケアプラン作成までの”思考”を学ぶことができる。

☆ケアプランは本来、ケアマネジャーと利用者が協働して作っていくものであり、そのためには「利用者の思い」をいかに汲み、プランに反映させるかが重要だ。
本書では11の事例からどのように利用者の思いを把握しプランに反映していったかが詳しく解説されている。
☆『はじめてのケアマネジメント』は、ケアマネジャーが仕事をしながら使うことができる画期的な実用書。

☆手に収まりやすいサイズと薄さ、その内容からまさに”超”初心者ケアマネ向けといっても過言ではない。

☆「これだけは押さえておきたい」という業務に不可欠なポイントをチェックリスト化し、読者はそれをチェックしていくだけで質の高い仕事ができてしまうという優れもの。

☆項目の中身は「カバン」、「自分の机」、「備える」、「出会いの電話」…など全部で16項目あり、従来のケアマネ向け書籍では取り上げられて来なかった「基本の”き”」が詰まっている。
☆やや大きいサイズの『ケアマネジャー実践マニュアル』は、ベテランケアマネによる「仕事のコツ」が満載だ。

☆インテークからモニタリング、関係機関との連携まで、ケアマネ業務全般にわたるノウハウを現場実践者ならではの表現で具体的に、わかりやすく書かれている。特に、アセスメントに関しては押さえておくべきポイントが箇条書きで示されており非常に頭に入ってきやすい構成だ。

☆著者は介護保険制度施行と同時にケアマネ業務を開始し、北九州市および近隣地域のケアマネたちと連絡会「ケアマネット21」を立ち上げ、現在まで会長を務める白木裕子氏。